FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幻獣機エンタープラズニル【デッキレシピ】

「幻子力空母エンタープラズニル」を機械族の力を借りてエクシーズ召喚するデッキです。
【はじめに】書きたいだけです
このデッキを作成するにあたってまず使おうと思ったのが、「浮鵺城」です。
「浮鵺城」はレベル9のシンクロモンスターでシンクロ召喚に成功した時、墓地に存在するレベル9のモンスターを場に特殊召喚する効果を持っています。
そのため、もう一枚の使いたかったカードである「幻獣機ヤクルスラーン」との相性が良いことに気が付きました。
「浮鵺城」の釣り上げ効果と攻撃抑制効果、「幻獣機ヤクルスラーン」の破壊耐性と速攻魔法サーチを構えることで非常に堅い盤面を形成できます。
また幸運にももうひとつのギミックも思いつくことができました。それは「幻獣機テザーウルフ」と「ジャンク・シンクロン」のコンボです。
手札に「幻獣機テザーウルフ」「ジャンク・シンクロン」墓地に「幻獣機オライオン*2」「レベル9モンスター」が存在する場合、「氷結界の龍トリシューラ」と「幻子力空母エンタープラズニル」を並べることができます。(オライオンEFテザーNSトークンSSジャンクロンNSオライオンSS浮鵺城SSレベル9SSオライオンEFトークンSSエンタープラズニルSSトリシューラSS)
この2つのギミックはキーパーツを共有することができ、非常に相性の良いものとなっています





……が、これらのギミックを全て投げ捨て、
ひたすら幻子力空母エンタープラズニルを連打するデッキを作成しました。


【デッキレシピ】
幻子力空母エンタープラズニル
■モンスター:27枚
1《スクラップ・リサイクラー》
1《ギアギアーセナル》
2《ギアギアーマー》
2《ギアギアクセル》
1《ギアギアングラー》
3《幻獣機メガラプター》
3《マシンナーズ・フォートレス》
3《ディープ・スペース・クルーザー・ナイン》
3《音響戦士サイザス》
3《幻獣機オライオン》
2《音響戦士ドラムス》
3《音響戦士ギータス》

■魔法:8枚
1《おろかな埋葬》
1《死者蘇生》
1《ソウル・チャージ》
1《貪欲な壺》
1《ハーピィの羽根帚》
3《機甲部隊の最前線》

■罠:5枚
2《空中補給》
3《リビングデッドの呼び声》

■エクストラデッキ:15枚
1《獣神ヴァルカン》
1《スクラップ・ドラゴン》
1《鬼岩城》
1《氷結界の龍 トリシューラ》
3《浮鵺城》
3《ギアギガント X》
1《No.101 S・H・Ark Knight》
1《No.11 ビッグ・アイ》
3《幻子力空母エンタープラズニル》

※2015年4月現在の禁止・制限で構築しています。

無題
浮鵺城
シンクロ・効果モンスター
星9/風属性/機械族/攻 0/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地のレベル9モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
召喚・特殊召喚されたレベル8以下のモンスターは、
そのターンには攻撃できない。



無題
幻子力空母エンタープラズニル
エクシーズ・効果モンスター
ランク9/風属性/機械族/攻2900/守2500
レベル9モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールド上のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手の手札をランダムに1枚選んでゲームから除外する。
●相手の墓地のカード1枚を選んでゲームから除外する。
●相手のデッキの一番上のカードをゲームから除外する。



無題
ディープ・スペース・クルーザー・ナイン
効果モンスター
星9/光属性/機械族/攻 900/守 900
このカードは手札からこのカード以外の機械族モンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。



【メインギミック】
「浮鵺城」から「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」を釣り上げることで「幻子力空母エンタープラズニル」にアクセスします。
「浮鵺城」を出すためにはレベル9シンクロをする必要がありますので、レベル(5~8)のモンスターとレベル(1~4)で合計9になるように組み合わせる必要があります。
「幻獣機ヤクルスラーン」を出すことが本来の目的だったため、それを流用してレベル4幻獣機モンスターと幻獣機オライオンでシンクロ召喚することにしました。
幻獣機の共通効果で幻獣機トークンのレベル上昇効果でレベルが7になった幻獣機モンスターに2チューナーの「幻獣機オライオン」を使用するので、実質「7+2」で「浮鵺城」を出します。
ただ、闇雲に「浮鵺城」をシンクロ召喚しても墓地にレベル9モンスターがいないと仕方がないので、レベル9モンスターである「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」も墓地に落とす必要があります。
そのため、デッキのパーツとして「レベル7モンスター」「レベル2チューナー」「レベル9モンスター」を入れ、その他のカードをこれらのサポートに当てました。

わかりやすくするためにデッキのカードを分類づけます。

【レベル7モンスター】
「マシンナーズ・フォートレス」「幻獣機メガラプター」
【レベル2チューナー】
「幻獣機オライオン」「音響戦士ドラムス」

【その他のコンボパーツ】
「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」


レベル7モンスターとレベル2チューナーは上記の4枚です。
これらのカードは全て機械族ですので、「ギアギガントX」を経由することでキーカードにアクセスできます。(ディープ・スペース・クルーザー・ナインとマシンナーズ・フォートレスは間接的にサーチ可能)

【ギアギガントを出すカード(機械族レベル4)】
「ギアギアーセナル」「ギアギアクセル」「ギアギアーマー」「ギアギアングラー」「幻獣機メガラプター」「音響戦士サイザス」


【基本的な動き】
・浮鵺城を出せる主な展開

・手札に「幻獣機メガラプター」+「幻獣機オライオン」+「音響戦士ギータス」、墓地に「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」
①「幻獣機メガラプター」を通常召喚
②「音響戦士ギータス」をPスケールにセッティング。P効果を発動し、コストに「幻獣機オライオン」。
③「音響戦士ドラムス」を特殊召喚し、「幻獣機オライオン」の効果で幻獣機トークンを特殊召喚。さらに「幻獣機メガラプター」の強制効果で幻獣機トークンを特殊召喚。
④「幻獣機メガラプター」の効果で幻獣機トークンを1体リリースし、「幻獣機カード」サーチ。
⑤「幻獣機メガラプター」(レベル7)+「音響戦士ドラムス」(レベル2)=「浮鵺城」シンクロ召喚
⑥「浮鵺城」効果で「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」を特殊召喚。
⑦「浮鵺城」+「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」=「幻子力空母エンタープラズニル」エクシーズ召喚


この他にもレベル7モンスターとレベル2チューナーが揃えばいくらでも「幻子力空母エンタープラズニル」は特殊召喚できますが、この動きが一番効率がいいのでこれがゴール地点とします。
この動きで特筆すべきことは手札消費を抑えて「幻子力空母エンタープラズニル」にアクセスできることではなく、「幻子力空母エンタープラズニル」を特殊召喚した後にも手札に「幻獣機メガラプター」か「幻獣機オライオン」、墓地に「幻獣機オライオン」があることです。
「幻獣機オライオン」の効果で手札の「幻獣機モンスター」を通常召喚できるので、レベル7モンスターの「幻獣機メガラプター」かレベル2チューナーの「幻獣機オライオン」を追加できます。
ここに「幻獣機メガラプター」をサーチしたならばレベル2チューナー、「幻獣機オライオン」ならばレベル7モンスターを追加することによって同一ターンに2体目の「幻子力空母エンタープラズニル」をエクシーズ召喚することができます。(ワンターントゥーエンプラ…)
「ワンターントゥーエンプラ」を目指してデッキを構築しました。

【各種カード解説】
色々書きやすいので【カテゴリー】ごとに書いていきます。

・【幻獣機】
「幻獣機オライオン」「幻獣機メガラプター」両者ともにデッキの中核を担うカードです。
この両カードとも手札に加えないと始まらないので「ギアギガントX」を過労死させながら手札に加えます。
加えた後は上記の展開で。
・「幻獣機メガラプター」
デッキのエンジンかつキーカード。
サーチ効果で「幻獣機オライオン」を持ってきたり、墓地に「幻獣機オライオン」が落ちていれば「幻獣機メガラプター」をサーチして、2枚目の「幻獣機メガラプター」のサーチ効果を使うことでランク4に繋げることができます。
盤面に合わせて「幻獣機オライオン」でシンクロ召喚するか、「幻獣機メガラプター」でエクシーズ召喚するかを判断する必要があります。
・「空中補給」
「幻獣機メガラプター」の効果をサポートするカード。
「幻獣機メガラプター」のトークン生成効果と噛み合って毎ターンアドバンテージを稼げますが、基本的には残ったらいいなぐらいのスタンスです。

・【音響戦士】
多分これが一番強いと思います。
みんな大好き音響戦士。このカードを使えば大抵のことは何とかなります。
・「音響戦士ギータス」
手札を1枚捨てることでレベル2チューナーかレベル4機械族を特殊召喚できる、このデッキのためにあるようなカード。
手札1枚と機械族レベル4モンスターを通常召喚するだけで簡単に「ギアギガントX」が立つ、最近のカードって強いですね。
・「音響戦士サイザス」
「音響戦士ギータス」をサーチできるナイスなコピー機。
一番インチキ臭いのが③の「墓地のこのカードを除外し、「音響戦士サイザス」以外の除外されている自分の「音響戦士」モンスターを1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。」って効果です。
除外されている「音響戦士ドラムス」を場に特殊召喚できるので、上記の展開で「幻獣機メガラプター」を加えた場合に2体目の「幻子力空母エンタープラズニル」をエクシーズ召喚できます。
さらにこの③の効果は何故かターン制限が設けられてなく、ハンド1枚と「音響戦士ギータス」で「獣神ヴァルカン」から「スクラップ・ドラゴン」まで行きます。

・【ギアギア】
「ギアギガントX」をエクシーズ召喚するために割かれた枠です。「ギアギアガントX」を出すと言っても、ギアギアサポートなどの明確な繋がりはないので、単に機械族レベル4を二体並べるために投入しています。
それならば、他のカードを使ってもいいのでは?ということになるのですが、そこには明確な意図があります。
後述しますが、「スプラップ・リサイクラー」と「機甲部隊の最前線」の兼ね合いを考えるとこれが無難な選択だと思います。
・ギアギアモンスター
ギアギアモンスターの内訳は「ギアギアーマー」*2「ギアギアーセナル」*1「ギアギアングラー」*1「ギアギアクセル」*2です。
「ギアギアーマー」と「ギアギアーセナル」は散らしておくことで「ギアギアーマー」のサーチ先を広げられます。
「ギアギアングラー」は「ギアギアーマー」が戦闘破壊された場合にサーチすれば返しのターンで「ギアギガントX」をエクシーズ召喚できます。
「浮鵺城」をシンクロ召喚するには数枚のキーパーツが必要で、それらは「ギガギアントX」でサーチできます。
なので、「ギアギガントX」を安定して出せるかどうかはデッキの安定性を大きく変えます。
初動で「ギアギガントX」とエクシーズ召喚するためには、初動で動けるカード増やす必要があります。
また、デッキを作る上で初手で動けないという状況が嫌なので、ギアギア4枚+同じく初動になる「音響戦士ドラムス」*3と合わせて合計7枚。これでは初手五枚で1枚確保できる8枚には至ってませんが、「幻獣機メガラプター」はトークンを生み出せるカードがあれば初動になり得るし、「音響戦士ギータス」は手札に機械族レベル4モンスターがいれば初動になります。ですので、初手で全く動けないということはないはずです。

・【その他のカード】
・「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」
これを落とさない限り「浮鵺城」が本来の力を発揮できません。
何も考えてないようで考えた末の3枚投入です。
このカードを墓地に落とせるカードは「おろかな埋葬」「スクラップ・リサイクラー」です。
また、墓地に「マシンナーズ・フォートレス」がある場合、「マシンナーズ・フォートレス」の特殊召喚効果により手札から「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」を墓地に送れます。
2枚目以降の「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」は腐ってしまうように思えますが、「マシンナーズ・フォートレス」の存在のお陰で有効に活用することができます。
・「マシンナーズ・フォートレス」
機械族で一番強いヤツ。レベル7モンスター枠です。
手札で遊んでいる機械族を墓地に送りつつ特殊召喚できます。
上記の動きで「幻獣機オライオン」をサーチしていた場合、「機械族モンスター」+「マシンナーズ・フォートレス」でワンターントゥーエンプラです。
上記の動きでは手札に「幻獣機オライオン」「幻獣機メガラプター」「音響戦士ギータス」が必要だと書きましたが、ここの「音響戦士ギータス」が「マシンナーズ・フォートレス」でも動くことができます。
その場合だと最終的には場に「幻子力空母エンタープラズニル」「レベル7モンスター」、墓地に「幻獣機オライオン」となるのでレベル2チューナーを追加できれば「ワンターントゥーエンプラ」です。
・「スクラップ・リサイクラー」、「機甲部隊の最前線」
・「スクラップ・リサイクラー」
機械族専用のおろかな埋葬モンスターです。
当初のデッキ構築プランでは「幻獣機オライオン」*2と「ディープ・スペース・クルーザー・ナイン」を墓地に送る必要がありました。なので、その両方を墓地に送ることができるこのカードは採用されてきます。
ここで不満に思ったことが通常召喚した後の「スクラップ・リサイクラー」の処理です。通常召喚した後の「スクラップ・リサイクラー」はただの攻撃力900モンスターです。そこには後続へのサポートや耐久性は微塵もありません。
・機甲部隊の最前線
その回答として「機甲部隊の最前線」が挙がってきました。
「スクラップ・リサイクラー」の回答として挙がってきた「機甲部隊の最前線」。
当初、私はこのカードの効果を勘違いしていて「機械族モンスターが戦闘破壊された時、それ以下の攻撃力を持つモンスターを特殊召喚できる」だと思ってました。
ですので、「スクラップ・リサイクラー」で「幻獣機オライオン」を落として、「機甲部隊の最前線」を貼った返しに「スクラップ・リサイクラー」が破壊されたら2枚目の「幻獣機オライオン」が特殊召喚されてコンボパーツがすぐに揃うとぬか喜びしました。
とどのつまり、「属性」縛りを見落としていたわけです。
この時点でこのデッキにおいて「スクラップ・リサイクラー」から「機甲部隊の最前線」を使って出したいカードがなくなりました。
つまり、考え方を変える必要があって「スクラップ・リサイクラー」から「機甲部隊の最前線」でモンスターを変換するのではなくて、「地属性機械モンスター」から「スクラップ・リサイクラー」に変換する方がよりスマートになります。
そこで出てきたのが「ギアギアカテゴリー」で、「機甲部隊の最前線」を介して「スクラップ・リサイクラー」を特殊召喚できるようになりました。
「地属性機械モンスター」かつ「ランク4」を少ないスロットで立てられるという要件を満たせるのは「ギアギアカテゴリー」が最適だと思います。
「ギアギアカテゴリー」を投入で召喚権に余裕がなくなる+デッキプランの変更で落としたカードの減少により、素引きして困る「スクラップ・リサイクラー」の枚数は1枚にしました。しかし、「機甲部隊の最前線」と兼ねることにより実質4枚+「ギガギアントX」でサーチが効きます(ディープ・スペース・クルーザー・ナインとマシンナーズ・フォートレスの間接的なサーチはこのカードが担当します)

以上がデッキ紹介になります。


「幻子力空母エンタープラズニル」を出すという目的は満たせて満足してます。
汎用蘇生カードが絡めばワンターンスリーエンプラもできるので盤面映えして楽しいです。
一回、こういった種族や属性の強みを活かしたデッキを作ってみたかったのでしっかりと丸く収まってくれて安心してます。
ただ、機械族というカードパワーの高さのせいでキーパーツがキーパーツの皮を被った殺意の塊なので準備の段階でライフが削り切れたり、「幻子力空母エンタープラズニル」が完全にダメ押しの形になっていることが多々あるので、そこに関しては次回似たようなデッキを作るときは気をつけたいなと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 遊戯王OCG
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

あおし

Author:あおし
デッキレシピ置き場です。
つぅいったー aosi0104

カウンター
ドリームクラブ
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。